フリーランスは、時間も仕事の数もコントロールできる働き方

フリーランスは、時間も仕事の数もコントロールできる働き方

仕事ができる人

仕事の量や働く時間をコントロールできる働き方が、フリラーンスです。
フリーランスは全て自由に決められますが、お金も時間もコントロールが必要です。仕事がいつ打ち切りになるか読めないため、そこでフリーランスは仕事を複数もつのがおすすめです。

 

 

 

 

フリーランスは自由だが、お金も時間もコントロールが必要

フリーランスは自由ですが、お金も時間も自分でコントロールしなければいけない働き方です。

 

フリーランスとは、会社や個人から仕事をもらう個人のことを指します。

 

個人事業主だと考えるとわかりやすいと思います。

 

フリーランスのメリット

  • 何をやってもいい。
  • 勤務時間が自由。
  • 成果がでていればそれ以上は働かなてくてもよい。
  • 収入が増える可能性が高い。

 

フリーランスのデメリット

  • 誰も指示してくれないため、自分で考えなければならない。
  • 守られる法律がない。
  • 仕事によっては、長時間、激務になる。
  • 給与の保証がない。
  • 仕事を自分でとってこなければいけない。
  • コストや税金などの全体感を常に考えてなければいけない。

 

フリーランスは、社長的立ち位置なため、自分で全て決められます。
契約によっては、働く時間も自由です。

 

しかし、経費、コスト計算全て自分でやらなければいけません。
ですので、簿記3級などの知識と、お金のセルフコントロールメンタルを持ち合わせてなければいけません。

 

また、会社に所属していないため、労働基準法で守られません。
相手からいつ仕事を切られても文句は言えません。

 

ですから、仕事を行う時の契約がとても重要になります。
最低限法律の知識も持つ必要があります。

 

そして食べていくには、サラリーマンより自分の知識、技術、営業力この3つが必要になっていきます。

 

営業力に自信がない方は仕事が貰えるサイトがあるので、そこから仕事をもらう方法があります。

 

知識と技術に関しては自分で時間を見ながら高めていくしかないです。
フリーランスには、カメラマン、ライター、IT系の仕事があります。

 

これから需要があり、ある程度の単価を得るにはITの仕事であると思います。
派遣でも売り手で有利な市場です。

 

今スキルを持っている方なら、ITと掛け合わせてしごとをしていくとこれから広がると思います。
資金力がない限りITを駆使してお金をかけない戦略をもつことが必要です。

 

フリーランスは仕事を複数もつのがおすすめ

フリーランスは自由なため、仕事を複数もつことをおすすめします。

 

フリーランスは、一本で専属でやっていれば少しリスクが高いと思います。
直雇用の正社員、契約社員、アルバイト・パートには解雇や更新の停止をする場合は1ヶ月前に告知をしなければいけません。
法律で守られています。

 

派遣社員でしたら、更新が切れる場合、基本的に1ヶ月前に告知があります。
たまにないひどい企業もありますが、そのような企業には派遣会社から罰金が科せられたりします。

 

しかし、フリーランスへの1ヶ月前の告知義務はありません。
相手のその時の状況に影響されます。

 

いくら信頼のおける取引先だとしても、会社の経営状況によっては取引が停止になる可能性があります。
フリーランスのお仕事では、専属一本ではとても危険です。
必ず、貯金を多めにしておくか、分散をしてお仕事を持つ必要があります。

 

また、自分でコントロールができるように、ネットで自分のビジネスを立ち上げるのならばリスクなくできます。
アフィリエイト、ドロップシッピング、サイトのアドバイザーなどの仕事の集客を自動化していくと、仕事を追う人生から解放されます。

 

考察

フリーランスは成果をしっかり出していれば時間が自由で、収入もサラリーマンより上がります。
しかし、フリーランスは責任は全て自分にあります。

 

仕事をする相手を見極められなかったり、自分の技術が未熟だとサラリーマンより、収入も時間も大変なことになります。

 

貯金、仕事を複数もったりリスクヘッジがあば自由に生きる生き方に一番近いかもしれません。

 

是非より自分らしい生き方をつくっていくことをお応援しています。