アルバイトは時間も副業も自由

アルバイトは時間も副業も自由

仕事ができる人

時間と副業が自由にできる職種がアルバイトです。
アルバイトの副業は基本的には自由ですが、他の職種と比較すると収入が少ないです。
繋ぎや、やりたい仕事だと良いですが、お金を含めた働きやすさのバランスを考えれば、派遣のほうがおすすめです。

 

 

 

 

アルバイトは時間が自由だが、比較的収入が少ない

アルバイトは同じ職種で比較すると、1番時間が自由で、1番収入が少ない働き方である。

 

一般的にアルバイトやパートといってもたくさんあります。
スーパーもや事務から、看護師や薬剤師といった2000円近い時給の職種もあります。

 

全国の平均の時給から、アルバイトのメリットを考えていきます。

 

こちらにanのアルバイトの全国の平均時給が確認できます。

 

ここから全国の時給を見ながらお話をさせていただきます。

 

現在、2019年の6月ですので、最近の全国を時給を見ると1050円に満たないところを推移しています。
(ちなみに、アルバイトだと1300円、派遣だと1500円ぐらいから高時給とされているようです。)
バイトル
時給を一旦1050円ぐらいでみてみたいと思います。

 

一般的に週5日、8時間労働でみていきたいと思います。

 

アルバイトのメリット

  • 自分の予定を優先できる。休み、働く時間など同じ仕事で一番融通が利く。
  • 賃金が安いため、派遣や契約社員より切られにくい。
  • 転勤がない。
  • 責任がない。
  • 簡単な仕事が多い。
  • 面接が簡単。

 

アルバイトのデメリット

  • 同じ仕事なら、収入が一番低い
  • 企業がブラックな場合派遣のように守っってもらえない。
  • 正社員と違って安定しない。
  • ボーナスがない。
  • 福利厚生がない。
  • 技術が向上しない。

 

アルバイトのメリットは、出勤して働く仕事のなかでは一番自由に動けます。
一般的な職場でしたら、社員さんなどより優先的に休みがとれます。
ある程度自分の働ける時間で働けます。

 

しかし、これを専業と考える場合、収入がとても低いとメリットがあります。
一般的な週5勤務だとしたら、

 

時給1050×8時間×20日=168,000

 

となります。ここから税金、保険、いくら残るのかという感じです。
自分も一時、時給1000円を経験したことがありますが、他からの収入が5万以上はありましたがそれでもギリギリでした。

 

私は時給950円〜2000円を経験していますが、仕事の大変さは全く時給に比例しません。
技能や知識に関しては時給に比例します。

 

派遣社員なら基本誰でも1500円は目指せます。

 

今の生活を本気で抜け出したいと考えている人は、
派遣社員になり技能を身につけ、ステップアップしていく道があります。

 

まずは一歩踏み出しましょう。

 

アルバイトの副業は基本的には自由

アルバイトの副業は、基本的に自由ですが、バレないことに越したことはありません。

 

アルバイトは副業は基本的に禁止されていないことがほとんどです。
基本的には会社の就業規則に沿って副業が禁止のところでは辞めましょう。

 

もし、特に副業禁止の記載がなくても他で稼いでると妬まれる可能性が高いです。
バレないことにこしたことはありません。

 

年末調整の方法でバレにくくすることができます。

 

副業バレを防ぐ手段があります。確定申告時の住民税を自分で払うように設定すればいいのです。
方法は、確定申告時に住民税に関する事項の箇所で、「給与から差引き」と「自分で納付」という選択肢があります。
「自分で納付」の方に丸をつけると、住民税の納付書は自宅に送られてくることになり会社にバレにくくなります。

 

それでも絶対バレないという保証はないので、就業規則で禁止されてたら副業は辞めましょう。

 

考察

時間を優先したいのであれば、アルバイトが1番おすすめです。

 

あなたは人生で何を求めますか?
少しでもクオリティの高い生活は、少しの工夫と努力で作り出すことができます。

 

アルバイトがメインの方で、少しでも収入を上げたい方は、派遣をお勧めします。
時給を上げていく方法など、よりよい情報を紹介していくので是非興味を持ったものを取り入れてみて下さい。